夏休みはお盆の時期の方がいい?

こんにちは。TOWN会社の長澤です。
今回は会社規定の夏休みの取得についてお話しいたします。

夏休みの取得方法

お盆の時期に突入し、世間のビジネスパーソンの多くは夏休みを取っている時期かと思います。もちろん、当社にも就業規則で定められた夏休みがありますが、お盆の時期に一斉取得ではなく、7月〜9月の期間で任意で3日間取得するという形式です。もちろん、1日単位でバラして取得もOK。チーム単位でスケジュールのすり合わせの上、業務に支障が出ないようにして取得しています。チームの全員が「私たちはどうしても全員でフ○ロックに3日間行きたいんだ!」とゴネて収拾がつかない、という困った状況には(観察する限りでは)なっていないので、うまくやりくりしているのでしょう。(フェスにみんなで行く、というのは一回やってみたいですが)

ご家庭のスケジュールの都合上、当社でもお盆の時期に夏休みを取得する社員は結構いらっしゃいます。今日、オフィスでこの記事を書いていますが、通常時の50%くらいの出社数でしょうか。

夏休みの取得方法は会社それぞれ

お盆の時期にまとめて取得するのもいいし、当社のように合理的に取得するのも、どちらもいいと思います。夏休みは夏休みですから。この時期は、休み明けの社員からのお土産が楽しみですね。

というわけで、当社はお盆の時期も通常営業しています。秋になったら転職活動しようかな、と考えている方、動くなら今がチャンスですよ。空いてますから。ふらっと会社見学でもしようかな、という方はぜひお気軽にオフィスに遊びに来てください。

最新記事