ブログ

「未経験からエンジニアになるには?」Site Cloudで活躍するエンジニアへインタビュー

── こんにちは。TOWNの島津です。
 社内メンバーのインタビュー、今回はSiteCloud事業部の櫻井さんにお話を伺いました。

<語り手>
トークゲスト:櫻井さん(2022年入社) SiteCloud事業部エンジニア
インタビュアー:島津 (2022年入社) 採用広報

イントロダクション

── 本日はお時間いただきありがとうございます。よろしくお願いいたします。

櫻井:よろしくお願いいたします。

── TOWNでは実務未経験のエンジニアも募集しています。今回は未経験でTOWNのインターンに参加後、現在はSiteCloudのエンジニアとしてご活躍している櫻井さんへインタビューを行います。櫻井さんのお話を通して、未経験の方がスキルをつけてエンジニアとしてご活躍するまでの過程についてお伝えしていきたいと思います。

櫻井:はい。よろしくお願いします。

ゲームの世界観に魅了されてエンジニアへ

── まずは櫻井さんのプロフィール紹介から伺いましょうか。
櫻井さんは大学生の頃からTOWNでインターンをされていたのですよね?

櫻井:そうです。大学2年生の9月からインターンをして、その後はアルバイトとしてTOWNで働いていました。そして就職活動を経て、2022年にTOWNに新卒入社をして、現在はSiteCloudのエンジニアをしています。

── そういえば、そもそも櫻井さんは、なぜエンジニアに興味を持ったのですか?

櫻井:高校2、3年生の時にしていた「Watch Dogs」というゲームがきっかけですね。 「Watch Dogs」は、街中がインターネットに繋がっているIoTが浸透した世界で、主人公のハッカーが悪者を倒していくという内容のゲームです。その世界観が好きで、インターネットに繋がって便利になっていく世界を自分でも作ってみたいと考えて、IT業界を目指すようになりました。大学もその理由で決めて情報学部に入りました。

── ゲームがきっかけだったのですね!それでは、なぜTOWNのインターンに応募しようと思ったのですか?

櫻井:インターンに応募した時はエンジニアとしての知識はほとんどなく未経験だったのですが、未経験でも募集している企業は少なく、TOWNと他に1社しかありませんでした。

2社で迷った時にTOWNを選んだ理由は、ちゃんと未経験者向けのカリキュラムが存在していることと、あとはオフィスがすごく綺麗で作業環境が整っているのがいいなと思ったからです。

── ありがとうございます。とても嬉しいお言葉です。

インフラエンジニアのイメージを変えた  TOWNの働き方

── TOWNのインターンには「サーバーコース」「アプリコース」の2コースありますが、櫻井さんはどうして「サーバーコース」を選択したのですか?

櫻井:開発系のエンジニアになりたいと思った時期もありましたが、インフラはどんなことをやっているか分からなかったので面白そうだなと思って「インフラもやってみよう!」という感じで最初は始めました。

それとクラウドのインフラエンジニアとして勉強できるところは少ないので、そこも面白そうだと思いました。

── 「分からないからやってみよう」となるのは櫻井さんはとても好奇心が強い方なのですね。
インフラエンジニアに対しては、どのようなイメージを持っていましたか?

櫻井:24/365のシフト制で、サーバーのアラートが出たら対応して‥という運用作業やオペレーション的な作業が非常に多くて辛いというイメージでした。

でもTOWNでインターンをしてみると、僕のイメージしていたインフラエンジニアとは違っていて、一般的な9-18時の営業時間内で対応する方針だったので「こんな会社もあるんだ」というのは気づきでした。TOWNでだったらインフラエンジニアをやってみたいなと思うようになりました。

── それはとても嬉しいお言葉ですね。

未経験で不安?むしろワクワク

── 先ほどインターンに応募した時は未経験だったとおっしゃっていましたが、どの程度エンジニアとしての知識がありましたか?

櫻井:エンジニアとしての知識はほぼありませんでした。大学の授業でアルゴリズムなどの情報学の基礎は学んでいましたが、プログラミングのような実際の技術についての知識はほぼ無かったと思います。

ただ自分は初めてのことに対して不安よりもワクワクの方が強いタイプなので、「面白そう!やってみよう!」という気持ちで応募しました。

── 素晴らしいですね。好奇心が強くて前向きな櫻井さんのお人柄がよく伝わります。

未経験からエンジニアスキルをつけるまで

── 続いて櫻井さんが未経験からエンジニアとしてのスキルをつけるまでの過程についてご質問したいと思います。

TOWNのインターンは1日6時間を6回というコースですが、その中で具体的にどのようなことをしていたか教えていただけますか。

櫻井:TOWNのインターンではカリキュラムがあって、与えられる課題に対して一つずつ対応していく形で進みます。カリキュラムは未経験者を対象に作られていて、「分からなくても調べればできる」くらいのレベルでした。

── このカリキュラムは、学生インターンの方だけでなく、実務未経験としてTOWNへ入社された方にも最初に行なっていただく場合もあります。
櫻井さんは実際にカリキュラムをやってみてどうでしたか?

櫻井:もちろん最初は分からないこともたくさんありましたが、自分で調べながら課題に対処していきスキルをつけていきました。

カリキュラムにはサーバーの構築から中身のセットアップまで一通りの課題があるので、最終課題までクリアできれば、ある程度一つのサービスを運営するところまでできるように手順化されています。

── 実際にインターンをしてみて、どのようなところが面白かったですか?

櫻井:サーバー構築は、黒い画面に文字を打ち込んでいくのですが、自分が設定したものが目に見えるサービスとして、ブラウザ上にバッと表示された時は「あ、面白いな」と思いました。

── 自分が作ったものが実際に目に見える形になるというのは、やりがいがありそうですね。

現在は櫻井さんがインターンの学生に指導してくれています。

エンジニアの学習方法って?

── 続いて、櫻井さんの学習方法について教えていただきたいです。
TOWNでのインターン中やアルバイト中は、どのような学習をされていましたか?

櫻井:インターン中は基本的にはカリキュラムという1つの方針があって、それについて分からないことを調べたり、他の学生アルバイトの方に聞いたりして学習していました。

まずカリキュラムにあった用語の意味が分からなかったので調べて、用語が理解できたら、「カリキュラムではこういう方法だったけど、他にはどんな方法があるんだろう?」と別の方法について電車の中で調べたりしていました。

インターンを終えてアルバイトとして働いていた時は「こういうものを作ってほしい」という依頼がありました。その時の僕では作れなかったので「どうやって作れば良いんだろう」とか、「どの言語がいいだろう」とか調べて使ってみて「この方法だったら作れそうだな」と、実際に作るものをベースにして学習していく流れでした。

── 実践的に技術を習得していかれたんですね。

櫻井:そうですね。自分は本を買って勉強するのがあまり得意ではなくて、作りたいものベースで学習していきました。

例えば「ブラウザで使うんだったらこの言語使わなくてはいけないな」とか、「CLIで作るんだったらこっちの言語がいい」とか、「TOWNとしてはどういう言語を使っているのかな」とか。そんなことを色々考えながら、作るために調べながら勉強していきました。

インターンやアルバイトの時以外にも、自分で「こういうのあったら便利だな」というものを思いついたら作っていましたね。まずは自分でどう作るかを考えて、すぐに作り始めます。基礎基本がない状態で一発目を作るので、当時のコードを振り返ると汚かったりもするのですが、とりあえず形にしていくという勉強方法が、目に見えて成果物ができるので達成感があって自分には向いていました。

── なるほど。実際に作りながらスキルをつけていくという学習法だったのですね。
ちなみに今はどのように学習されているのですか?

櫻井:今でも「作りたいものを何でも作る」という風に学習しています。自分に厳しくすると続かなくなるので「ちょっとやってみようかな」と気が向いた時に、卒業研究で作ったスマホアプリを継続して作っていたりなど、いろいろなことに手を出していますね。

趣味で勉強したことが仕事に影響を与えたり、自分のスキルになったりもするので、やりたい時に好きなものを作って、ということが多いですね。

発信するエンジニアへ!学んだらハックノートへ投稿

── TOWNではハックノートというエンジニア発信用のメディアを持っています。インターンの学生さんがよく更新してくれていますね。

櫻井:そうですね。インターン中はハックノートに1本記事を書くことが最後のタスクとしてあります。自分の学んだことをアウトプットする練習として、ハックノートに書いてもらっています。

僕自身、今でも技術ブログを書いています。個人的に勉強した時にZennに書いたり、業務中に発見したことや、AWSのサービスについて調べたことを他の人に知らせたいなと思ったらハックノートに書いたりしています。

── 学習して、それを発信するのは素晴らしいですね!

インターンとアルバイトを経て、現在

── 櫻井さんは就活を経てTOWNへご入社されましたが、TOWNを就職先として選んだ理由を聞かせていただけますか?

櫻井:評価制度がかなり充実しているところが1つの大きな理由です。アルバイト時も評価を受けていましたが、自分がした事がしっかり評価に反映されて、それに伴ってちゃんと給料も上がっていくというのを実際に感じられて、とても魅力的でした。

それとインターンからアルバイトまでずっと在籍していたので、上司がどういう人なのかということや、メンバーの雰囲気も理解できたので、「ここでなら自分も活躍できるな」と思って入社を決めました。

── そう言っていただけるのは嬉しいです。
現在はSiteCloudのエンジニアとして、どのようなことをされているのでしょうか?

櫻井:今は運用作業をしています。お客さんに依頼されて緊急度が高そうだと判断したことはすぐに対応するのですが、その時に「非常に助かりました」と言っていただく時は嬉しいですね。

── それは嬉しいですね。

これから挑戦したいこと

── それでは今後、櫻井さんがSiteCloud事業部の中で力を入れていきたいのは、どのようなことでしょうか。

櫻井:エンジニアの観点からだと、コンテナを使ったサービスをSiteCloudでもできないかと、自分としては推していきたいと思っています。

コンテナだと、サーバーにログインして一つ一つ作業していくのではなくて、構成ファイルで管理できます。コンテナを導入して僕たちの管理コストを減らせば、その分価格も下げられると思うので、カスタマーにも会社にもwin-winになるのかなと思います。

── 1年目でそこまで考えているのは本当にすごいと思います。
櫻井さんは今後どのようなエンジニアになりたいですか?

櫻井:IT業界自体がどんどん進化が起こっていく業界なので、僕が今勉強していることが3年後には全く役に立たない可能性もあります。そういう場合でも、その時々のトレンドや、もちろん基礎を含め、勉強して吸収していけるエンジニアになっていきたいです。

── 確かに常に新しい知識を吸収していくことは、大変ですが大切なことですね。

好奇心の強い、面倒くさがり屋と働きたい!

── ところで、櫻井さんはどのような人と一緒に働きたいと思いますか?

櫻井:技術が好きな人ですかね。現時点でスキルが無くても大丈夫ですが、技術のことについて勉強しているとか。

スマホとかPCとか何でもいいですが、IT系のことが好きだと「勉強している」という感覚ではなくて、自分の趣味としてインプットしていけるので、そういうものが好きな人だといいなと思います。「楽しい」と思いながら吸収していく人が向いていると思います。

あとは、自分が面倒くさがり屋なので、とにかく「面倒くさい作業を効率化するためにはどうすればいいか」を常に考えているので、そういう人も向いていると思います。

── ITが好きで、学習意欲が高くて、面倒くさがり屋。櫻井さんはエンジニアに非常に向いている素質をお持ちですね。

櫻井:逆にエンジニア以外できないかもしれませんけどね(笑)

── それは分かりませんが、櫻井さんにはエンジニアが天職だということは分かりました(笑)

まずは「とりあえずやってみる」が大切

── 最後に、未経験からエンジニアになりたい方に対して、何かコメントがありましたらお願いします。

櫻井:そうですね。まずはとにかく手を動かしてみることが大事かなと思います。「本で読んだだけ」とか「ニュース記事で読んだだけ」とかではなくて、「実際に自分でやってみる」という第一歩はとても大きいと思います。

最初は実際に何かを作るまでは行かなくても、環境構築までとか、そういう風に実際に手を動かせるようになっていると、だんだんそれが癖付いて実際に作れるようになると思うので、とにかく手を動かすのは大事かなと思います。別に失敗しても、案外どうにでもなるので。

── 私自身の胸にも刺さりました。「とりあえずやってみる」ってとても大事なことですね。
本日はありがとうございました。

一緒に働く仲間を募集しています。

新卒採用・中途採用を問わず、年間を通して、さまざまな職種を募集しています。「すぐに仕事がしたい」「話を聞いてみたい」「オフィスを訪問してみたい」など、ご応募をお待ちしています。共に未来をカタチにする仲間を待っています。

島津 由
TOWN株式会社で採用広報をやっています。「TOWNで働く魅力を伝えたい!」と日々奮闘中。

最新記事